The code set of this page is UTF-8.

今後の上映会の予定


第541回現代中国映画上映会(定期上映会)

劇映画 捜査官X
2011年/35mm/カラー/シネスコサイズ/115分/日本語字幕スーパー
我們制作有限公司・星美(北京)影業有限公司
江蘇广電幸福藍海影視集團・鼎盛文化産業投資有限公司
云南電影集團 共同出品
原題 武侠(Wu Xia)
公映許可番号 電審故字[2011]第025号
使用言語 普通話(標準中国語)、四川話
監督 陳可辛(ピーター・チャン)
脚本 林愛華(オーブリー・ラム)
撮影指導 黎耀輝(ライ・イウファイ)、包軒鳴(ジェイク・ポロック)
美術総監 奚仲文(イー・チュンマン)
美術指導 孫立(スン・リー)
音楽 陳光榮(チェン・グァンウィン)、金培達(ペーター・カム)
主演 甄子丹(ドニー・イェン)、金城武、湯唯(タン・ウェイ)
李小冉(リー・シァオラン)、惠英紅(クララ・ウェイ)、王羽(ジミー・ウォング)
姜武(ヂャン・ウー)、谷垣健治
《捜査官X》(原題:《武侠》) ©2011 We Pictures Ltd. Stellar Mega Films Co., Ltd. All Rights Reserved.
《捜査官X》(原題:《武侠》) ©2011 We Pictures Ltd. Stellar Mega Films Co., Ltd. All Rights Reserved.
簡単なストーリーや解説はこちらをご覧下さい。

上映日時 2017年1118日(午後6:55上映開始 (開場は6:35)
会場費 (事務作業簡素化のためチケット制ではなく、その場で会場費をお支払いいただくようにしています)
1300円(会員証をお持ちの方)
1600円(非会員=入会せずにご覧になる一般の方)
会場費のお支払いとご入会を同時にしていただく場合、会場費を100円割り引きます(同時入会割引)。ただし、同時入会割引と会場費割引券の併用はできません。
どなたでもお使いになれる会場費割引券はこちら(同時入会割引との併用はできません)
入会金 (会員制度についてはこちらをご覧下さい)
700円(一般会員、会員証は1年間有効)
上映会場 シビックホール(小ホール)(文京シビックセンター2階)
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」直結
都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」直結
JR中央線「水道橋駅」徒歩8分
ご来場に当たり、ご予約や申し込みは必要ありません。直接会場へお越し下さい。
先着順入場となります。


捜査官X 民国初期、1917年の雲南の山村。紙職人の劉金喜(リゥ・ジンシー)は妻や息子たちと静かに暮らしていた。その村にやってきたのは風体の良くない見慣れぬ2人組。肉屋を訪れた彼らは強盗に変身した。たまたま物陰からその様子を見ていた金喜は果敢にも強盗に立ち向かった。闇雲に抵抗する金喜の前に1人は自滅し、もう1人も倒されてしまった。

死人が2人も出るという大事件に捜査官が派遣された。任務に当たる徐百九(シュィ・バイジゥ)が遺体を検案したところ、そのうちの1人が指名手配中の凶悪犯だったことが判明した。金喜は総監から誉められたが、徐百九は首をかしげた。包囲を強行突破するほどの武打の達人が一介の職人の抵抗でやられるとは考えにくいからだ。強盗は致命的なツボを的確にやられていた。百九が知る限りこれができるのは3人だけ。本当は劉金貴こそが武打の達人ではないかと感じた徐百九は彼を色々と試すが真実は判然としない。

現場検証をし、関係者から状況を聞き取りながら劉金貴の過去を調べ上げた徐百九だったが、そこには極悪集団“七十二地煞”の陰がちらつき始めていた。世紀の犯罪人を捕まえるため捜査官として簡単には後に引けない徐百九は危険な賭けに出るのだった…。

日本から金城武、香港から甄子丹など、大陸から湯唯などの他、往年の香港映画俳優である王羽と惠英紅も出演し、日本人も参画して制作された娯楽大作である。ハラハラするも落ちついたストーリー展開が見もの。日本語題名に含まれる“X”は主人公の徐百九の名字(シュィ=Xu)からとられたもの。作品中で金城武扮する徐百九が喋る四川方言は中国人でも聞き取ることが難しい人が多いと言われている。

《捜査官X》(原題:《武侠》) ©2011 We Pictures Ltd. Stellar Mega Films Co., Ltd. All Rights Reserved.
《捜査官X》(原題:《武侠》) ©2011 We Pictures Ltd. Stellar Mega Films Co., Ltd. All Rights Reserved.
《捜査官X》(原題:《武侠》) ©2011 We Pictures Ltd. Stellar Mega Films Co., Ltd. All Rights Reserved.
《捜査官X》(原題:《武侠》) ©2011 We Pictures Ltd. Stellar Mega Films Co., Ltd. All Rights Reserved.
《捜査官X》(原題:《武侠》) ©2011 We Pictures Ltd. Stellar Mega Films Co., Ltd. All Rights Reserved.
《捜査官X》(原題:《武侠》) ©2011 We Pictures Ltd. Stellar Mega Films Co., Ltd. All Rights Reserved.
《捜査官X》(原題:《武侠》) ©2011 We Pictures Ltd. Stellar Mega Films Co., Ltd. All Rights Reserved.
《捜査官X》(原題:《武侠》) ©2011 We Pictures Ltd. Stellar Mega Films Co., Ltd. All Rights Reserved.
《捜査官X》(原題:《武侠》) ©2011 We Pictures Ltd. Stellar Mega Films Co., Ltd. All Rights Reserved.



《2017年11月以降の上映予定》

11月18日( 午後6:55~ 捜査官X》(2011年,原題:武侠,監督:陳可辛,主演:甄子丹、金城武、湯唯、李小冉、惠英紅、王羽、姜武)
12月16日( 午後6:55~ 上映作品未定(1作品上映)
1月27日( 午後6:55~ 上映作品未定(1作品上映)
2月17日( 午後6:55~ 上映作品未定(1作品上映)

上映会場はすべてシビックホール(小ホール)(地下鉄後楽園駅直結)です。
2018年3月と4月は“文京区民センター”(文京シビックセンターから交差点を挟んで斜め向かい)で『高画質デジタル映画上映会』または『DVD上映会』を開催する方向で調整中です。ただし、会場確保抽選の結果によっては開催できずに中止となる可能性は否定できません。日程と上映作品の発表は2018年3月度が1月中旬、4月度が2月中旬となる見込みです。
地震・台風などの大災害や大事件・大事故が発生した場合でも、主催者側や会場がそれに巻き込まれるなどのやむを得ない事情がある場合を除いて上映会は開催します。たとえ全ての公共交通機関が運行を停止していても会場が通常通り利用できる場合には予定通り開催しますのでご注意下さい。


現代中国映画上映会のホームページに戻る
上映会場のシビックホール(小ホール)
会員制度と入会方法
定期上映会(毎月1回)について
特別上映会(不定期開催:過去の実績では年3回程度)について
会場費割引券
よくある質問・疑問(FAQ)
日中共同声明の全文(日本語)
日中平和友好条約の全文(日本語)
いろいろなサイトへのリンク集
無料貸し出しDVD
過去にDVD類が発売されたことが確認されている作品一覧(327kB)

通信頒布で取扱中の日本映画DVD(中国国内版)

頒布DVD・VCDの一覧

中国電影百年経典珍蔵DVD

中国経典電影宝蔵DVD



ご質問やご提案などは gentyuei@gentyuei.com まで

Copyright (C) 1997-2017 現代中国映画上映会

〒113-0033 東京都文京区本郷1-5-17 三洋ビル63
電話:03-5689-3763 (案内兼用留守電)
FAX:03-5689-3763(自動切換)
(携帯電話:090-8315-1203)
(中国語対応:090-9156-8669)