The code set of this page is UTF-8.

今後の上映会の予定


第542回現代中国映画上映会(定期上映会)

劇映画 新少林寺
2010年/35mm/カラー/シネスコサイズ/131分/日本語字幕スーパー
中国電影集團公司・華誼兄弟公司・英皇影業公司など共同出品
原題 新少林寺(Shaolin)
公映許可番号 電審故字[2010]第114号
使用言語 普通話(標準中国語)
監督 陳木勝(ベニー・チャン)
脚本原案 袁锦麟(アラン・ユェン)
撮影指導 潘耀明(アンソニー・パン)
主演 劉德華(アンディ・ラウ)、謝霆鋒(ニコラス・ツェ)、范冰冰(ファン・ビンビン)
成龍(ジャッキー・チェン)、余少群(ユィ・シャオチュィン)、呉京(ウー・ジン)
白冰(バイ・ビン)、熊欣欣(シォン・シンシ)、于海(ユィ・ハイ)
釋延能(シー・イェンノン)、嶋田瑠那
《新少林寺》© 2011 Emperor Classic Films Company Limited All Rights Reserved
《新少林寺》© 2011 Emperor Classic Films Company Limited All Rights Reserved
簡単なストーリーや解説はこちらをご覧下さい。

上映日時 2017年1216日(午後6:55上映開始 (開場は6:35)
会場費 (事務作業簡素化のためチケット制ではなく、その場で会場費をお支払いいただくようにしています)
1300円(会員証をお持ちの方)
1600円(非会員=入会せずにご覧になる一般の方)
会場費のお支払いとご入会を同時にしていただく場合、会場費を100円割り引きます(同時入会割引)。ただし、同時入会割引と会場費割引券の併用はできません。
どなたでもお使いになれる会場費割引券はこちら(同時入会割引との併用はできません)
入会金 (会員制度についてはこちらをご覧下さい)
700円(一般会員、会員証は1年間有効)
上映会場 シビックホール(小ホール)(文京シビックセンター2階)
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」直結
都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」直結
JR中央線「水道橋駅」徒歩8分
ご来場に当たり、ご予約や申し込みは必要ありません。直接会場へお越し下さい。
先着順入場となります。


新少林寺 民国初期。多くの軍閥が勢力争いを繰り広げ、河南省登封にある少林寺は避難した人であふれていた。そこに逃げ込んだのは小軍閥の霍龍。少林寺の和尚は重傷を負った彼を介抱するが、その宿敵・侯杰は無慈悲にも霍龍を殺害する。生かしておけば自分の身が危なくなると感じたからだった。

登封の街と霍龍の富の両方を手に入れた侯杰は権力の絶頂にあった。勢いに乗って侯杰は義兄をも始末し基盤をより強固なものにしようとするが、腹心・曹蛮の裏切りにあってしまう。執拗に攻撃され、重傷を負いながらも少林寺に逃げ込んだ彼だったが、かけがえのない愛娘を失ってしまった。

侯杰は今や首に賞金を賭けられた指名手配の身となった。しかも、そこは自らがかつて蹂躙した少林寺。娘を失い自暴自棄になっていた侯杰だったがやがて改心し、出家して修行させて欲しいと頼み込む。徐々に少林寺に溶け込み、修行を積む侯杰。彼は法名として“浄覚”を賜った。

一方、曹蛮は西洋人と結託し鄭州から登封までの鉄道建設を決めた。しかし、それは遺跡の発掘品を西洋人に渡し、カネを得ることが目的だった。侯杰が少林寺で生きていることを知った曹蛮は少林寺を攻め、侯杰の息の根を止めるべく大軍を向かわせた。激烈な戦いを繰り広げる少林寺の修行僧と曹蛮の軍だったが、本当の敵は互いの相手ではなかった…。


今や伝説となった1982年のカンフー映画《少林寺》(監督:張鑫炎、主演:李連杰)を念頭に置くものの、派手なアクションよりもストーリーを重視し、劉德華を中心に描いた佳作である。香港映画界から成龍や謝霆鋒などが出演し、本物のカンフーの使い手として有名な呉京と熊欽欽らが脇を固めている。

《新少林寺》© 2011 Emperor Classic Films Company Limited All Rights Reserved
《新少林寺》© 2011 Emperor Classic Films Company Limited All Rights Reserved
《新少林寺》© 2011 Emperor Classic Films Company Limited All Rights Reserved
《新少林寺》© 2011 Emperor Classic Films Company Limited All Rights Reserved
《新少林寺》© 2011 Emperor Classic Films Company Limited All Rights Reserved
《新少林寺》© 2011 Emperor Classic Films Company Limited All Rights Reserved
《新少林寺》© 2011 Emperor Classic Films Company Limited All Rights Reserved
《新少林寺》© 2011 Emperor Classic Films Company Limited All Rights Reserved



《2017年12月以降の上映予定》

12月16日( 午後6:55~ 新少林寺》(2010年,原題:新少林寺,監督:陳木勝,主演:劉德華、謝霆鋒、范冰冰、成龍)
1月27日( 午後6:55~ 墨攻》(2006年,原題:墨攻,監督:張之亮,主演:劉德華、范冰冰、王志文、安聖基)
2月17日( 午後6:55~ 上映作品未定(1作品上映)
5月12日( 午後6:55~ 上映作品未定(1作品上映)

上映会場はすべてシビックホール(小ホール)(地下鉄後楽園駅直結)です。
2018年3月、4月、6月は“文京区民センター”(文京シビックセンターから交差点を挟んで斜め向かい)で『高画質デジタル映画上映会』または『DVD上映会』を開催する方向で調整中です。ただし、会場確保抽選の結果によっては開催できずに中止となる可能性は否定できません。日程と上映作品の発表は2018年3月度が1月中旬、4月度が2月中旬となる見込みです。
地震・台風などの大災害や大事件・大事故が発生した場合でも、主催者側や会場がそれに巻き込まれるなどのやむを得ない事情がある場合を除いて上映会は開催します。たとえ全ての公共交通機関が運行を停止していても会場が通常通り利用できる場合には予定通り開催しますのでご注意下さい。


現代中国映画上映会のホームページに戻る
上映会場のシビックホール(小ホール)
会員制度と入会方法
定期上映会(毎月1回)について
特別上映会(不定期開催:過去の実績では年3回程度)について
会場費割引券
よくある質問・疑問(FAQ)
日中共同声明の全文(日本語)
日中平和友好条約の全文(日本語)
いろいろなサイトへのリンク集
無料貸し出しDVD
過去にDVD類が発売されたことが確認されている作品一覧(327kB)

通信頒布で取扱中の日本映画DVD(中国国内版)

頒布DVD・VCDの一覧

中国電影百年経典珍蔵DVD

中国経典電影宝蔵DVD



ご質問やご提案などは gentyuei@gentyuei.com まで

Copyright (C) 1997-2017 現代中国映画上映会

〒113-0033 東京都文京区本郷1-5-17 三洋ビル63
電話:03-5689-3763 (案内兼用留守電)
FAX:03-5689-3763(自動切換)
(携帯電話:090-8315-1203)
(中国語対応:090-9156-8669)