The code set of this page is UTF-8.

今後の上映会の予定


第551回現代中国映画上映会(定期上映会

劇映画 さくらんぼ 母ときた道
2007年/「さくらんぼ 母ときた道」製作委員会(日中合作作品)
上海電影集團公司、四川騰龍影業有限公司
シップヤード、ハピネット、メモリーテック
35mm/カラー/ビスタサイズ/107分/日本語字幕スーパー
中国語原題 櫻桃(Cherries)
公映許可番号 電審故字(2007)第34号
言語 標準中国語(普通話)
監督 張加貝(ヂャン・ヂアベイ)
脚本 鮑十(パオ・シー)
撮影指導 丸池納
音楽 安田芙充央
美術指導 婁中国(ルォ・ヂョングォ)
録音 呉昊(ウー・ハオ)、詹新(ヂャン・シン)
出演 苗圃(ミァオ・プー)、妥国権(トゥォ・グオチュェン)、龍麗(ロン・リー)
張旖欣(ヂャン・イーシン)、馬理文(マー・リーウェン)、米楽(ミー・ルー)
譚秀珍(タン・シゥヂェン)、湯旋(タン・シュェン)、羅勤(ルォ・チン)
李継光(リー・ヂーグァン)
《さくらんぼ~母ときた道》(原題:《櫻桃》) ©2008「さくらんぼ 母ときた道」製作委員会
《さくらんぼ~母ときた道》(原題:《櫻桃》) ©2008「さくらんぼ 母ときた道」製作委員会
簡単なストーリーや解説はこちらをご覧下さい。

上映日時 2018年1124日(午後6:55上映開始 (開場は6:35)
会場費 (事務作業簡素化のためチケット制ではなく、その場で会場費をお支払いいただくようにしています)
1300円(会員証をお持ちの方)
1600円(非会員=入会せずにご覧になる一般の方)
会場費のお支払いとご入会を同時にしていただく場合、会場費を100円割り引きます(同時入会割引)。ただし、同時入会割引と会場費割引券の併用はできません。
どなたでもお使いになれる会場費割引券はこちら(同時入会割引との併用はできません)
入会金 (会員制度についてはこちらをご覧下さい)
700円(一般会員、会員証は1年間有効)
上映会場 シビックホール(小ホール)(文京シビックセンター2階)
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」直結
都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」直結
JR中央線「水道橋駅」徒歩8分
ご来場に当たり、ご予約や申し込みは必要ありません。直接会場へお越し下さい。
先着順入場となります。
当初、上映を予定しておりました《草原の女》(原題:珠拉的故事)は物理的に上映できないフィルム事情が判明したため作品を変更させていただきました。何卒ご了承下さい。


さくらんぼ
母ときた道
1980年代の雲南省の山村。知的障害を持ち、うなり声しか出せない櫻桃(インタオ)は、足に障害がある男と結婚したもののなかなか子供はできない。ある夜、些細なことで怒った夫に追い出された櫻桃は暗い中、あてもなく村の中をさまよった。ふと道端で泣いている赤ん坊を見つけた櫻桃はその子を連れ帰った。明らかに捨て子だった。櫻桃はその子に紅紅(ホンホン)と名付け大切に育て始めた。周囲もそれをとがめることはなかった。

彼女は全身全霊で紅紅に愛を注いだ。たとえバカにされても、自分を犠牲にしても紅紅を必死に守り続けた。しかし、紅紅が学校に上がるとどうしても他の子の母親と比較してしまう。言葉も喋れず同級生や村人たちからバカにされる母親を見て紅紅は恥ずかしく思うようになった。ある日、紅紅が熱を出して苦しんでいると、櫻桃は道端に生えているサクランボを採り紅紅に食べさせてくれた。その甘いサクランボには母の深い愛情が込められていた。それを理解した紅紅は母親に感謝すると共に自分を恥じた。

やがて紅紅は大きくなった。その年も櫻桃が紅紅の誕生日にサクランボを採りに出かけたものの…。


美人女優の誉れ高い苗圃が、うなり声以外に一切の台詞がないという役に挑戦した日中合作の感動作である。中国では2008年の“母の日”に合わせて全国公開され、13億人を感動の渦に巻き込んだ。
《さくらんぼ~母ときた道》(原題:《櫻桃》) ©2008「さくらんぼ 母ときた道」製作委員会
《さくらんぼ~母ときた道》(原題:《櫻桃》) ©2008「さくらんぼ 母ときた道」製作委員会
《さくらんぼ~母ときた道》(原題:《櫻桃》) ©2008「さくらんぼ 母ときた道」製作委員会
《さくらんぼ~母ときた道》(原題:《櫻桃》) ©2008「さくらんぼ 母ときた道」製作委員会
《さくらんぼ~母ときた道》(原題:《櫻桃》) ©2008「さくらんぼ 母ときた道」製作委員会
《さくらんぼ~母ときた道》(原題:《櫻桃》) ©2008「さくらんぼ 母ときた道」製作委員会
《さくらんぼ~母ときた道》(原題:《櫻桃》) ©2008「さくらんぼ 母ときた道」製作委員会



《2018年11月以降の上映予定》

11月24日( 午後6:55~ さくらんぼ~母ときた道》(2007年,原題:櫻桃,監督:張加貝,主演:苗圃、妥国権、龍麗、張旖欣、馬理文)
12月15日( 午後6:55~ 上映作品未定(1作品上映)
1月26日( 午後6:55~ 上映作品未定(1作品上映)
4月6日( 午後2:00~ 上映作品未定(1作品上映)
5月11日( 午後2:00~ 上映作品未定(1作品上映)

上映会場はすべてシビックホール(小ホール)(地下鉄後楽園駅直結)です。
2019年2月、3月は“文京区民センター”(文京シビックセンターから交差点を挟んで斜め向かい)で『高画質デジタル映画上映会』または『DVD上映会』を開催する方向で調整中です。ただし、会場確保抽選の結果によっては開催できずに中止となる可能性は否定できません。日程と上映作品の発表は開催前月上旬までに行います。
地震・台風などの大災害や大事件・大事故が発生した場合でも、主催者側や会場がそれに巻き込まれるなどのやむを得ない事情がある場合を除いて上映会は開催します。たとえ全ての公共交通機関が運行を停止していても会場が通常通り利用できる場合には予定通り開催しますのでご注意下さい。


現代中国映画上映会のホームページに戻る
上映会場のシビックホール(小ホール)
会員制度と入会方法
定期上映会(毎月1回)について
特別上映会(不定期開催:過去の実績では年3回程度)について
会場費割引券
よくある質問・疑問(FAQ)
日中共同声明の全文(日本語)
日中平和友好条約の全文(日本語)
いろいろなサイトへのリンク集
無料貸し出しDVD
過去にDVD類が発売されたことが確認されている作品一覧(327kB)

通信頒布で取扱中の日本映画DVD(中国国内版)

取扱中の中国映画DVD・VCD一覧

中国電影百年経典珍蔵DVD

中国経典電影宝蔵DVD



ご質問やご提案などは gentyuei@gentyuei.com まで

Copyright (C) 1997-2018 現代中国映画上映会

〒113-0033 東京都文京区本郷1-5-17 三洋ビル63
電話:03-5689-3763 (案内兼用留守電)
FAX:03-5689-3763(自動切換)
(携帯電話:090-8315-1203)
(中国語対応:090-9156-8669)