The code set of this page is UTF-8.

今後の上映会の予定


第543回現代中国映画上映会(定期上映会)

劇映画 墨攻
2006年/華誼兄弟影業投資有限公司・驕陽電影(香港)有限公司など
35mm/カラー/シネマスコープ/133分/日本語字幕スーパー
原題 墨攻(A Battle of Wits)
公映許可番号 電審故字(2006)第139号
言語 中国語
監督 張之亮(ジェイコブ・チャン)
脚本 張之亮(ジェイコブ・チャン)
撮影指導 阪本善尚
録音 李哲(リー・ヂェー)
音楽 川井憲次
主演 劉德華(アンディ・ラウ)、范冰冰(ファン・ビンビン)
王志文(ワン・ヂーウェン)、安聖基(アン・ソンギ)
崔始源(チェ・シウォン)、洪天照(サミー・ハン)
于承惠(ユィ・チョンフイ)、午馬(ウー・マー)
銭小豪(チン・シウホウ)、呉奇隆(ニッキー・ウー)
林永建(リン・ヨンチェン)
《墨攻》
《墨攻》
簡単なストーリーや解説はこちらをご覧下さい。

上映日時 2018年27日(午後6:55上映開始 (開場は6:35)
会場費 (事務作業簡素化のためチケット制ではなく、その場で会場費をお支払いいただくようにしています)
1300円(会員証をお持ちの方)
1600円(非会員=入会せずにご覧になる一般の方)
会場費のお支払いとご入会を同時にしていただく場合、会場費を100円割り引きます(同時入会割引)。ただし、同時入会割引と会場費割引券の併用はできません。
どなたでもお使いになれる会場費割引券はこちら(同時入会割引との併用はできません)
入会金 (会員制度についてはこちらをご覧下さい)
700円(一般会員、会員証は1年間有効)
上映会場 シビックホール(小ホール)(文京シビックセンター2階)
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」直結
都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」直結
JR中央線「水道橋駅」徒歩8分
ご来場に当たり、ご予約や申し込みは必要ありません。直接会場へお越し下さい。
先着順入場となります。


墨攻 今から2400年前の中国。周王朝は弱体化し、全中国は群雄割拠の戦国時代を迎えていた。趙との国境近くにある燕の梁城は趙の大軍が最初に攻撃を加えるところとみられていた。巷淹中が率いる勇猛果敢な10万の趙軍に対するのはわずか4千人の住民。全面降伏以外に選択の余地はなかった。梁の城主が降伏を決断した直後、革離がたった1人で駆けつけた。彼は墨家が派遣した人物だった。
趙の先遣隊を追い返した革離は、1ヶ月持ちこたえれば何とかなると城主に進言する。城主から軍事面を任された革離は、10万の趙軍から城を守るためたった1人で戦いの準備を始める。ありとあらゆることに対応するために。
ついに始まった趙の総攻撃。周到な準備が功を奏し、何とか趙は退却した。味方の被害はさほどではなく、梁城は歓喜の渦に包まれた。革離への信頼は一層強固なものになっていった。趙軍は諦めたわけではなく次々に攻撃を仕掛けてくるが、その度に革離の卓抜した戦術の前に目的は果たせなかった。
革離の見事な戦術を目にした梁の城主は自分が革離に狙われるのではないかと疑心暗鬼に陥った。あくまでも平和のために戦う墨家の革離。梁城を落とすためありとあらゆる手段を使って攻撃を仕掛けてくる趙軍。革離は梁城の人々を救えるのだろうか…。

森秀樹の原作による日本の漫画『墨攻』を映画化した作品。戦国思想家の中にあって特異な存在である墨子は、戦いをやめ平和を求め続けた。自らは攻撃することなく守備に徹するその姿勢は、逆に戦闘のプロ集団を作りあげていった。
劉德華が出演した時代劇で新たな魅力を見せてくれるスペクタクル作品である。


《墨攻》(原題:墨攻)
《墨攻》(原題:墨攻)
《墨攻》(原題:墨攻)
《墨攻》(原題:墨攻)
《墨攻》(原題:墨攻)
《墨攻》(原題:墨攻)



《2018年1月以降の上映予定》

1月27日( 午後6:55~ 墨攻》(2006年,原題:墨攻,監督:張之亮,主演:劉德華、范冰冰、王志文、安聖基)
2月17日( 午後6:55~ 上映作品未定(1作品上映)
5月12日( 午後6:55~ 上映作品未定(1作品上映)

上映会場はすべてシビックホール(小ホール)(地下鉄後楽園駅直結)です。
2018年3月、4月、6月は“文京区民センター”(文京シビックセンターから交差点を挟んで斜め向かい)で『高画質デジタル映画上映会』または『DVD上映会』を開催する方向で調整中です。ただし、会場確保抽選の結果によっては開催できずに中止となる可能性は否定できません。日程と上映作品の発表は2018年3月度が1月中旬、4月度が2月中旬となる見込みです。
地震・台風などの大災害や大事件・大事故が発生した場合でも、主催者側や会場がそれに巻き込まれるなどのやむを得ない事情がある場合を除いて上映会は開催します。たとえ全ての公共交通機関が運行を停止していても会場が通常通り利用できる場合には予定通り開催しますのでご注意下さい。


現代中国映画上映会のホームページに戻る
上映会場のシビックホール(小ホール)
会員制度と入会方法
定期上映会(毎月1回)について
特別上映会(不定期開催:過去の実績では年3回程度)について
会場費割引券
よくある質問・疑問(FAQ)
日中共同声明の全文(日本語)
日中平和友好条約の全文(日本語)
いろいろなサイトへのリンク集
無料貸し出しDVD
過去にDVD類が発売されたことが確認されている作品一覧(327kB)

通信頒布で取扱中の日本映画DVD(中国国内版)

頒布DVD・VCDの一覧

中国電影百年経典珍蔵DVD

中国経典電影宝蔵DVD



ご質問やご提案などは gentyuei@gentyuei.com まで

Copyright (C) 1997-2017 現代中国映画上映会

〒113-0033 東京都文京区本郷1-5-17 三洋ビル63
電話:03-5689-3763 (案内兼用留守電)
FAX:03-5689-3763(自動切換)
(携帯電話:090-8315-1203)
(中国語対応:090-9156-8669)