The code set of this page is UTF-8.

今後の上映会の予定

新型コロナウイルスなど各種感染症への対応について





第608回現代中国映画上映会参(DVD上映会)

劇映画 巡礼の約束
2018年/小金斯古拉旅游文化投資有限公司など
カラー/シネスコサイズ/DVD/110分/日本語字幕スーパー
使用言語 藏語(チベット話)
原題 阿拉姜色(Ala Changso)
監督 松太加(ソンタルジャ)
脚本 扎西達娃(タシタワ)、松太加(ソンタルジャ)
撮影指導 王維華(ワン・ウェイホァ)
主演 尼瑪頌宋(ニマソンソン)、容中爾甲(ヨンドゥルンジャ)、賽却加(スィチョクジャ)
廖希(リァオ・シー)、金巴(ヂンバ)、格日才旦(グルツェタン)
《巡礼の約束》(2018年、原題:阿拉姜色)
《巡礼の約束》(2018年、原題:阿拉姜色)
簡単なストーリーや解説はこちらをご覧下さい。


劇映画 羊飼いと風船
2019年/北京盛唐時代文化傳播有限公司、工厂大門(天津)影業有限公司、青海嘛呢石影業有限公司など
カラー/ビスタサイズ/DVD/103分/日本語字幕スーパー
使用言語 藏語(チベット話)、標準中国語(普通話)
原題 气球(Balloon)
原作 万瑪才旦『气球』(小説)
監督 万瑪才旦(ペマツェテン)
脚本 万瑪才旦(ペマツェテン)
撮影 呂松野(リュィ・ソンイェ)
主演 索朗旺姆(ソナムワンモ)、金巴(ヂンバ)、楊秀措(ヤンシクツォ)
西德尼瑪(シドニマ)、周拉多杰(ドゥルカドルジェ)
《羊飼いと風船》(2019年、原題:气球)
《羊飼いと風船》(2019年、原題:气球)
簡単なストーリーや解説はこちらをご覧下さい。


劇映画 チベットの女 イシの生涯
1999年/山東電影制片厂、北京電影制片厂
カラー/ビスタサイズ/DVD/105分/日本語字幕スーパー
使用言語 藏語(チベット話)
原題 益西卓瑪(Song of Tibet)
監督 謝飛(シエ・フェイ)
脚本 扎西達娃(タシタワ)、謝飛(シエ・フェイ)
撮影 傅靖生(フー・チンシェン)
音楽 張千一(ヂャン・チェンイー)
主演 丹増卓嘎(テンジン・ドカー)、拉瓊(ラクチュン)、大旺堆(オンドゥ)
仁青頓珠(リンチェン・トゥンドゥプ)、巴桑(パサン)、 次仁頓珠(ツェリン・ドジェ)
群佩洛桑(チュンペー・ロサン)、周鉄海(ヂョウ・ティエハイ)
《チベットの女/イシの生涯》(1999年、原題:益西卓瑪)
《チベットの女/イシの生涯》(1999年、原題:益西卓瑪)
簡単なストーリーや解説はこちらをご覧下さい。

上映日時 2024年728日(開場は各作品上映開始の10分前
午前10:20チベットの女/イシの生涯
午後0:35羊飼いと風船
午後2:40巡礼の約束
各作品終了後に清掃作業や試写などを行います。続けて次の作品をご覧になる方は退場後に再度入場手続きをお願いします。
作品鑑賞費 無料(当日に有効な会員証をお持ちの方)
非会員・期限切れの方はその場でご入会いただく必要があります。
入会金 8000円(サポート会員、月単位で14ヶ月有効、事前振込割引あり、詳しくはこちら
2000円(短期会員、月単位で2ヶ月有効、事前振込割引なし、詳しくはこちら
非会員の方は入会が必須です
会員制度の詳細についてはこちらをご覧下さい。サポート会員には事前振込割引もあります。
上映会場 文京区民センター (3A)  (文京シビックセンター近くの「春日町交差点」北東側角)
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」2分
都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」1分
JR中央線「水道橋駅」徒歩9分
ご来場にあたり、ご予約や申し込みは必要ありません。直接会場へお越し下さい。先着順入場となります。
こちらの「新型コロナウイルスなど各種感染症への対応について」を事前にご理解下さい。


巡礼の約束 ウォマはこのところ体調がすぐれない。医者に診てもらったところ余命が長くないことが分かった。

彼女は夫のロルジェには詳しい病状を告げず、拉薩(ラサ)まで巡礼に行くと伝えた。1人で途方もなく長い巡礼に出かけたウォマだったが、夫は妻を心配し、あとを追った。心を閉ざしたウォマの連れ子ノルウも一緒だったが、長い巡礼の途中でウォマは倒れてしまう。ロルジェはウォマの巡礼は前夫との約束を果たすためのものだと悟った。

ついにウォマは巡礼の途中で息を引き取り、その約束を果たすことができなくなった。ロルジェはウォマの意思を引き継ぎ、ノルウを連れて残りの巡礼を続けるのだった…。


原題になっている《阿拉姜色》(アラジャンソ)は「一緒にこの美酒を飲みましょう」の意。劇中でも歌われている藏族(チベット族)の民謡である。
《巡礼の約束》(2018年,原題:阿拉姜色)
《巡礼の約束》(2018年,原題:阿拉姜色)
《巡礼の約束》(2018年,原題:阿拉姜色)
《巡礼の約束》(2018年,原題:阿拉姜色)
《巡礼の約束》(2018年,原題:阿拉姜色)
《巡礼の約束》(2018年,原題:阿拉姜色)
《巡礼の約束》(2018年,原題:阿拉姜色)
《巡礼の約束》(2018年,原題:阿拉姜色)

羊飼いと風船 1990年代の西藏(チベット)の草原で牧羊を営む一家にも“1人っ子政策”は強く及んでいた。すでに3人の男の子の母親であるドルカルにはこれ以上の子供を作ることは許されなかった。医者から避妊具を手に入れた彼女はそれをしまっておいたが、何も知らない子供たちはそれを風船だと思って膨らませて遊び道具にしてしまった。

出家した彼女の妹シャンツェが藏語学校の校門でドルカルの息子を待っていたら元恋人トクブンジャが現れた。その学校の藏語(チベット語)教師になっていたのだ。彼はシャンツェと自分の2人を題材にした私小説『气球』をシャンツェに手渡した。

ドルカルの夫タルジェが友人宅で飲んだくれていたところに父親が亡くなったとの知らせが入った。急いで帰ると僧侶がおり、翌日には火葬されるという。タルジェは僧侶から父親がまもなく転生すると伝えられた。ドルカルは診療所で医者から妊娠を告げられた。4人目の子供を持つことは高額の罰金を意味し、中絶を強く勧められた。しかし、タルジェはそれは父親の転生に違いないと喜んだ。すでに3人の男の子の養育で手一杯のドルカルは中絶を決意して手術台に上るが、そこへタルジェが血相を変えて飛び込んできて…。


2023年の東京国際映画祭でグランプリを受賞した《雪豹》を監督した万瑪才旦監督による2019年の作品である。自らの同名小説を映画化したもので、第20回東京フィルメックスで最優秀作品賞を受賞した他、ヴェネチア国際映画祭などの世界各地の映画祭に出品され色々な賞を受賞するなど高い評価を得た。
万瑪才旦監督は《雪豹》の撮影中に高山病で倒れ、2023年5月8日に53歳の若さで亡くなった。
《羊飼いと風船》(2019年,原題:气球)
《羊飼いと風船》(2019年,原題:气球)
《羊飼いと風船》(2019年,原題:气球)
《羊飼いと風船》(2019年,原題:气球)
《羊飼いと風船》(2019年,原題:气球)
《羊飼いと風船》(2019年,原題:气球)
《羊飼いと風船》(2019年,原題:气球)

チベットの女
イシの生涯
イシは歌がうまく、荘園の若旦那クンサンから可愛がられていた。しかし、行商人ギャツォがイシに一目惚れし、強引に妻にしてしまった。イシとの間に娘をもうけたギャツォだったが家に寄りつかない。イシは仕方なく故郷に帰った。それを知ったクンサンは彼女を雇った。イシに男の子が生まれた。久しぶりに戻ったギャツォは息子の誕生を素直に喜び、幼馴染みで憧れの僧侶サムチュがチャンパと名付けた。

1959年、反乱暴動が起こった。クンサンは国外逃亡する際、チャンパを連れて行く。チャンパの父親はクンサンだったのだ。ギャツォはクンサンとイシの関係に激怒し、娘を連れて故郷に戻ってしまった。イシは家族を全て失ってしまう。

数年後、イシはギャツォと暮らしている娘から手紙を受け取った。ギャツォが酒におぼれ、どうしようもないというのだ。夫を助ける決心をしたイシは100kmの道を歩きようやくギャツォの元へたどり着いた。

献身的な世話で立ち直ったギャツォはチベット文字の教典を刻む仕事を始めた。娘の尽力で家を構えた2人はついに落ち着いた暮らしを始めた。

それから28年。ひっそりと拉薩(ラサ)に暮らす2人。最期の時を迎えようとしているギャツォから発せられた言葉に、イシは愛に生きてきた自分の人生をふり返るのだった…。
《チベットの女/イシの生涯》(1999年,原題:益西卓瑪)
《チベットの女/イシの生涯》(1999年,原題:益西卓瑪)
《チベットの女/イシの生涯》(1999年,原題:益西卓瑪)
《チベットの女/イシの生涯》(1999年,原題:益西卓瑪)
《チベットの女/イシの生涯》(1999年,原題:益西卓瑪)
《チベットの女/イシの生涯》(1999年,原題:益西卓瑪)
《チベットの女/イシの生涯》(1999年,原題:益西卓瑪)
《チベットの女/イシの生涯》(1999年,原題:益西卓瑪)




《2024年7月以降の上映予定》

7月28日() DVD上映会(無料上映)
午前10:20~ チベットの女イシの生涯》(1999年,原題:益西卓瑪,監督:謝飛,主演:丹増卓嘎、拉瓊、大旺堆、仁青頓珠、次仁頓珠、巴桑、群佩洛桑、周鉄海)
午後0:35~ 羊飼いと風船》(2019年,原題:气球,監督:万瑪才旦,主演:索朗旺姆、金巴、楊秀措、西德尼瑪、周拉多杰)
午後2:40~ 巡礼の約束》(2018年,原題:阿拉姜色,監督:松太加,主演:尼瑪頌宋、容中爾甲、賽却加、廖希、金巴、格日才旦)
8月4日() DVD上映会(無料上映)
午前9:50~ 五人の娘》(1959年,原題:五朶金花,監督:王家乙,主演:楊麗坤、莫梓江、王蘇婭、朱一錦、譚堯中、孫静貞、黄鍾、閻杰、張雄、李文偉、王春英)
午前11:40~ 雲南の花嫁》(2004年,原題:花腰新娘,監督:章家瑞,主演:張静初、印小天、趙家藝、何文超、王藝霖、崔哲銘、王澤良、應保林、江小梅、黄朝霞)
午後1:25~ ようこそ、羊さま。》(2004年,原題:好大一対羊,監督:劉浩,主演:孫云昆、蒋志昆、趙声林、陳大江、楊作玖、陳道仙、陳太江、孟興嵐、周吉金)
午後3:15~ 雲南の少女ルオマの初恋》(2002年,原題:婼瑪的十七歳,監督:章家瑞、馬東戈,主演:楊志剛、李敏、李翠、祝琳媛、馬杰、桑怡、李龍、高鋭)
8月12日() 午前10:00~ 上映作品未定(BD/DVD上映会=2~3作品無料上映)

8月12日(月日・休)は参考映画上映会を予定していますが、9月分の会場予約抽選の結果によっては9月度定期上映会の繰り上げ開催になる可能性があります。
上映会場は“文京区民センター”(文京シビックセンターから「春日町交差点」を挟んで北東側斜め向かい)となります。
上映日程および作品の発表後であっても、行政当局により上映会場の強制的な利用停止措置がとられた場合は上映時間や作品を変更したり上映を中止せざるを得なくなる可能性があります。
地震・台風などの大災害や大事件・大事故が発生した場合でも、主催者側や会場がそれに巻き込まれるなどのやむを得ない事情がある場合を除いて上映会は開催します。たとえ全ての公共交通機関が運行を停止していても会場が通常通り利用できる場合には予定通り開催しますのでご注意下さい。


現代中国映画上映会のホームページに戻る
上映会場の文京区民センター
会員制度と入会方法
定期上映会(毎月1回)について
参考映画上映会(不定期開催)について
よくある質問・疑問(FAQ)
2020年10月以降に上映した作品名一覧(再上映対象外作品名一覧)
無料貸し出しBD/DVD
日中共同声明の全文(日本語)
日中平和友好条約の全文(日本語)
過去にDVD類が発売されたことが確認されている作品一覧(327kB)
通信頒布で取扱中の日本映画DVD(中国国内版)
取扱中の中国映画DVD・VCD一覧


ご質問やご提案などは gentyuei@gentyuei.com まで

Copyright (C) 1997-2024 現代中国映画上映会

113-0033 東京都文京区本郷1-5-17 三洋ビル63
電話:03-5689-3763
FAX:050-1013-2731
(携帯電話:090-8315-1203)