現代中国映画上映会----今後の上映会の予定 The code set of this page is UTF-8.

今後の上映会の予定


第550回現代中国映画上映会(DVD上映会

劇映画 十字路
1937年/明星影片公司 出品
モノクロ/スタンダード/103分/DVD/日本語字幕
原題 十字街頭
言語 標準中国語
監督 沈西苓(シェン・シーリン)
脚本 沈西苓(シェン・シーリン)
撮影 王玉如(ワン・ユィルー)
出演 白楊(バイ・ヤン)、趙丹(ヂャオ・ダン)、沙蒙(シャー・モン)
英茵(イン・イン)、呂班(リュィ・バン)、銭千里(チエン・チエンリー)
伊明(イー・ミン)、呉茵(ウー・イン)、崔嵬(ツイ・ウェイ)
《十字路》(原題:《十字街頭》)
簡単なストーリーや解説はこちらをご覧下さい。

劇映画 姉妹花
1933年/明星影片公司 出品
モノクロ/スタンダード/81分/DVD/日本語字幕
原題 姊妹花
言語 標準中国語
監督 鄭正秋(ヂェン・ヂェンチゥ)
脚本 鄭正秋(ヂェン・ヂェンチゥ)
撮影 董克毅(ドン・クーイー)
出演 胡蝶(フー・ディエ)、宣景琳(シュェン・ヂンリン)、鄭小秋(ヂェン・シァオチウ)
譚志遠(タン・ヂーユェン)、顧梅君(グー・メイヂュィン)、顧蘭君(グー・ランヂュィン)
徐莘園(シュイ・シェンユェン)、謝雲卿(シェ・ユンイン)、袁紹梅(ユェン・シャオメイ)
趙丹(ヂャオ・ダン)
《姉妹花》(原題:《姊妹花》)
簡単なストーリーや解説はこちらをご覧下さい。

劇映画 深夜の歌声
1937年/新華影業片公司 出品
モノクロ/スタンダード/118分/DVD/日本語字幕
原題 夜半歌声
言語 標準中国語
監督 馬徐維邦(マーシュー・ウェイバン)
脚本 馬徐維邦(マーシュー・ウェイバン)
撮影 余省三(ユィ・シェンサン)、薛伯青(シュエ・ボーチン)
出演 金山(ヂン・シャン)、胡萍(フー・ピン)、施超(チー・チャオ)
許曼麗(シュイ・マンリー)、周文珠(ヂョウ・ウェンヂュー)、王為一(ワン・ウェイイー)
顧梦鶴(グー・モンフー)
《深夜の歌声》(原題:《夜半歌声》)
簡単なストーリーや解説はこちらをご覧下さい。

劇映画 チベットの女イシの生涯
1999年/カラー/ビスタサイズ/DVD/103分/日本語字幕
山東映画制作所・北京映画制作所・北京四季常青影視文化公司
原題 益西卓瑪(Song of Tibet)
言語 中国語(普通話)
監督 謝飛(シエ・フェイ)
脚本 扎西達娃(ザシダワ)、謝飛(シエ・フェイ)
撮影 傅靖生(フー・チンシェン)
音楽 張千一(ヂャン・チェンイー)
主演 テンジン・ドカー(丹増卓嘎)、ラクチュン(拉瓊)、オンドゥ(大旺堆)
リンチェン・トゥンドゥプ(仁青頓珠)、ツェリン・ドジェ(次仁頓珠)
パサン(巴桑)、チュンペー・ロサン(群佩洛桑)、周鉄海(ヂョウ・ティエハイ)
《チベットの女~イシの生涯》(原題:《益西卓瑪》)
簡単なストーリーや解説はこちらをご覧下さい。

劇映画 北京ヴァイオリン
2002年/中国電影集団公司など4社
カラー/ビスタサイズ/DVD/117分/日本語字幕
原題 和你在一起(Together)
言語 中国語(普通話)
監督 陳凱歌(チェン・カイコー)
脚本 陳凱歌(チェン・カイコー)、薛暁路(シュエ・シァオルー)
撮影 金炯求(キム・ヒョング)
音楽 趙麟(ヂャオ・リン)
主演 唐韵(タン・ユン)、劉佩奇(リゥ・ペイチー)
陳紅(チェン・ホン)、王志文(ワン・ヂーウェン)
陳凱歌(チェン・カイコー)
《北京ヴァイオリン》(原題:《和你在一起》)
簡単なストーリーや解説はこちらをご覧下さい。

上映日時 2018年日(開場は各回開始の10分前)
午前10:20 チベットの女イシの生涯
午後0:40 十字路
午後2:30 姉妹花
午後4:10 深夜の歌声
午後6:30 北京ヴァイオリン
会場費 (事務作業簡素化のためチケット制ではなく、その場で会場費をお支払いいただくようにしています)
700円(《十字路》、《姉妹花》、《深夜の歌声》)
無料(《チベットの女イシの生涯》、《北京ヴァイオリン》)
作品ごとに入替えとなるため、複数作品をご覧になる方は別々に会場費をお支払い下さい。
非会員・期限切れの方はその場でご入会いただく必要があります(無料上映作品も同様)。
会場費割引券は文京区民センターで開かれる上映会ではお使いになれませんのでご注意下さい。
入会金 (会員制度についてはこちらをご覧下さい)
700円(一般会員、会員証は1年間有効)
8800円(フリーパス会員、会員証は1年間有効)
フリーパス会員の新規入会は9月1日の上映会場で例外的に受け付けます。
上映会場 文京区民センター(3A会議室)(簡略地図はこちら
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」徒歩2分
都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
JR中央線「水道橋駅」徒歩9分
ご来場に当たり、ご予約や申し込みは必要ありません。直接会場へお越し下さい。
先着順入場となります。


十字路 失業中の趙(ヂャオ)さんの隣の部屋に楊芝瑛(ヤン・ヂーイン)が引っ越してきた。しかし2人はお互いにそれを知らない。何とか新聞社に職を得た趙さんは、紡績工場から帰る途中の芝瑛の忘れ物を手渡す。彼は芝瑛に一目惚れしてしまった。帰ってきた趙さんは隣の部屋から飛び出した釘を発見。打ち返すついでにゴミも隣の部屋に放り投げる。一方、遅れて帰った芝瑛は汚れた部屋に驚き、ゴミを投げ返すのだった。

お互い隣の部屋に住んでいることを知らないまま、趙さんは紡績工場の様子を芝瑛から聞き、その悲惨な境遇を《女工哀史》として新聞に発表する。そのうち紡績工場は倒産してしまい、芝瑛は思い余って趙さんを訪ねると、そこは何と自分の隣部屋だった…。


《十字路》(原題:《十字街頭》)
《十字路》(原題:《十字街頭》)
《十字路》(原題:《十字街頭》)

姉妹花 生活苦のため、父親は2人の娘のうちの妹・二宝を連れて家を出て都会に向かったが、それきり連絡は途絶えた。父親の元で育った二宝は銭提督の妾となり子供を産んだが乳が出ず、乳母を捜していた。一方、残された母親は再婚して残った娘・大宝を育て上げるが相変わらずの生活苦。大宝に子供ができても食い扶持が増えるだけと歓迎されない。生きるため大宝は乳母奉公に出ることにした。3年契約で雇われた住み込み先は何と銭提督の家だった。

自分の妹の子供とも知らず乳をやる大宝。ある日、子供の銀の首飾りを目にした彼女はそれを盗んでしまった。しかし、それを提督の妹に見つかり、もみ合いになる中で落ちた花瓶が提督の妹の頭に当たり死んでしまった。大宝は警察に殺人犯として捕らえられた。知らせを受けた大宝の母親は警察にやって来て意外な事実を知ることになる。こともあろうにその警察署長は二宝を連れて家を出た大宝の実の父親だったのだ。

事情を聞いた二宝は母親と共に姉・大宝の救出に奔走することになるが…。
《姉妹花》(原題:姊妹花)

深夜の歌声 世界的に有名な『オペラ座の怪人』を中国に翻案した作品。続編を含めその後、何度もリメイクされた本作は怪人・宋丹萍(ソン・タンピン)を抗日の英雄に仕立てた中華ホラー伝説の名作である。
《深夜の歌声》(原題:夜半歌声)

チベットの女
イシの生涯
北京の大学に行っているダワがラサに帰ってきた。お爺さんのギャツォが余命幾ばくもないと診断されたのだ。そんなギャツォをかいがいしく世話していたのはお婆さんのイシ。ダワは寄り添って慎ましく生活する祖父母たちの出会いを尋ねてみた。イシはダワを抱きながら自分の過去を語り始めた。それは自分と3人の男の話だった…。

無料上映
《チベットの女~イシの生涯》(原題:益西卓瑪)

北京ヴァイオリン ヴァイオリンが得意な13才の小春(シァオチュン)は父と2人暮らし。そのヴァイオリンは母の形見だった。父はそんな息子が誇り。北京で開かれるコンクールに出場させるため、2人は北方の田舎町をあとにした。
コンクールは5位に終わったが、父は審査員の音楽教師・江(ヂァン)に小春の指導をお願いした。部屋を借りた2人。そばに北京駅で見かけた派手な女・莉莉(リリ)の部屋があった。江先生はカネで順位が決まるようなコンクールの裏の実情にうんざりしていた。しかし、彼は小春のヴァイオリンを聞いて心を突き動かされ、その指導を始めた。
実は莉莉は男からの貢ぎ物で生活する女だった。ある日、号泣する莉莉にヴァイオリンを聞かせてあげた小春は、恋人に浮気されて傷ついた彼女にコートを買ってあげようとあのヴァイオリンを質入れてしまう。
一方、父は小春のステップアップを考え、偶然目にした有名な余(ユィ)教授を新しい先生にしようと思った。指導を希望する父はその家を訪ね、小春の「秘密」を打ち明けて指導をお願いしたのだった。しかし、教授には別の考えがあった…。

無料上映
《北京ヴァイオリン》(原題:和你在一起)
《北京ヴァイオリン》(原題:和你在一起)
《北京ヴァイオリン》(原題:和你在一起)
《北京ヴァイオリン》(原題:和你在一起)



《2018年9月以降の上映予定》

9月1日( DVD上映会
午前10:20~ チベットの女~イシの生涯》(1999年,原題:益西卓瑪,監督:謝飛,主演:丹増卓嘎、拉瓊、大旺堆)※無料上映
午後0:40~ 十字路》(1937年,原題:十字街頭,監督:沈西苓,主演:白楊、趙丹、沙蒙、英茵、呂班)
午後2:30~ 姉妹花》(1933年,原題:姊妹花,監督:鄭正秋,主演:胡蝶、宣景琳、鄭小秋、譚志遠)
午後4:10~ 深夜の歌声》(1937年,原題:夜半歌声,監督:馬徐維邦,主演:金山、胡萍、施超、許曼麗)
午後6:30~ 北京ヴァイオリン》(2002年,原題:和你在一起,監督:陳凱歌,主演:陳紅、劉佩琦、王志文、唐韵)※無料上映
11月24日( 午後6:55~ 上映作品未定(1作品上映)
12月15日( 午後6:55~ 上映作品未定(1作品上映)

上映会場は9月以外はすべてシビックホール(小ホール)(地下鉄後楽園駅直結)です。
9月は文京シビックセンターから交差点を挟んで斜め向かいにある文京区民センター(地下鉄春日駅直結、後楽園駅2分)でDVD上映会を開催します。上映作品は7月下旬に発表します。
2018年10月と2019年1月は“文京区民センター”(文京シビックセンターから交差点を挟んで斜め向かい)で『高画質デジタル映画上映会』または『DVD上映会』を開催する方向で調整中です。ただし、会場確保抽選の結果によっては開催できずに中止となる可能性は否定できません。日程と上映作品の発表は開催前月上旬までに行います。
地震・台風などの大災害や大事件・大事故が発生した場合でも、主催者側や会場がそれに巻き込まれるなどのやむを得ない事情がある場合を除いて上映会は開催します。たとえ全ての公共交通機関が運行を停止していても会場が通常通り利用できる場合には予定通り開催しますのでご注意下さい。


現代中国映画上映会のホームページに戻る
上映会場のシビックホール(小ホール)
会員制度と入会方法
定期上映会(毎月1回)について
特別上映会(不定期開催:過去の実績では年3回程度)について
会場費割引券
よくある質問・疑問(FAQ)
日中共同声明の全文(日本語)
日中平和友好条約の全文(日本語)
いろいろなサイトへのリンク集
無料貸し出しDVD
過去にDVD類が発売されたことが確認されている作品一覧(327kB)

通信頒布で取扱中の日本映画DVD(中国国内版)

頒布DVD・VCDの一覧

中国電影百年経典珍蔵DVD

中国経典電影宝蔵DVD



ご質問やご提案などは gentyuei@gentyuei.com まで

Copyright (C) 1997-2018 現代中国映画上映会

〒113-0033 東京都文京区本郷1-5-17 三洋ビル63
電話:03-5689-3763 (案内兼用留守電)
FAX:03-5689-3763(自動切換)
(携帯電話:090-8315-1203)
(中国語対応:090-9156-8669)