The code set of this page is UTF-8.

今後の上映会の予定


第544回現代中国映画上映会(定期上映会)

劇映画 胡同フートン愛歌
2003年/中国電影集団公司
35mm/カラー/ビスタサイズ/100分/日本語字幕スーパー
モントリオール国際映画祭(2004年)審査員特別賞(July Award)受賞作
原題 看車人的七月(The Parking Attendant in July)
言語 中国語(普通話)
監督 安戦軍(アン・ヂャンジュィン)
脚本 張挺(ヂャン・ティン)
撮影 江秀佳(ヂァン・シゥヂア)
美術 楊宝成(ヤン・バオチェン)、牛福智(ニゥ・フーヂ)
音楽 王黎光(ワン・リーグァン)
録音 関鍵(グアン・ヂエン)
主演 范偉(ファン・ウェイ)、陳小藝(チェン・シァオイー)
趙君(ヂャオ・ヂュィン)、張煒迅(ヂャン・ウェイシュィン)
呂中(リュー・ヂョン)、陳朶朶(チェン・ドゥオドゥオ)
《胡同愛歌》
《胡同愛歌》
簡単なストーリーや解説はこちらをご覧下さい。

上映日時 2018年17日(午後6:55上映開始 (開場は6:35)
会場費 (事務作業簡素化のためチケット制ではなく、その場で会場費をお支払いいただくようにしています)
1300円(会員証をお持ちの方)
1600円(非会員=入会せずにご覧になる一般の方)
会場費のお支払いとご入会を同時にしていただく場合、会場費を100円割り引きます(同時入会割引)。ただし、同時入会割引と会場費割引券の併用はできません。
どなたでもお使いになれる会場費割引券はこちら(同時入会割引との併用はできません)
入会金 (会員制度についてはこちらをご覧下さい)
700円(一般会員、会員証は1年間有効)
上映会場 シビックホール(小ホール)(文京シビックセンター2階)
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」直結
都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」直結
JR中央線「水道橋駅」徒歩8分
ご来場に当たり、ご予約や申し込みは必要ありません。直接会場へお越し下さい。
先着順入場となります。


胡同フートン愛歌 中年カップル、杜紅軍(ドゥ・ホンヂュィン)と小宋(シァオソン)が結婚写真を撮影している。お互い再婚である。それを憮然と眺めるのは紅軍の15歳の息子・小宇(シァオユィ)。紅軍はレストランの駐車場の誘導員兼集金人で、小宋は花屋を経営している。小宇は小宋に頼まれ花の配達を手伝ったりしていた。紅軍は2年ほど前に会社をリストラされて以来、駐車場の仕事をしていた。小宇は父親と離婚した実の母親を想い、小宋を「おばさん」としか呼ばなかった。

ある日、小宋の花屋にやってきた彼女の前夫・劉三(リゥ・サン)はいきなりスイレンの鉢を店のガラスめがけて投げつけた。刑務所を出所したばかりの劉三は小宋との正式離婚に合意していたもののその約束をほごにした。粗暴な劉三は紅軍の前から小宋を無理矢理連れ去った。バラ色の結婚生活を前に相手がいなくなってしまった紅軍が小宋の花屋を見に行くと、そこには劉三に食事を出す彼女の姿があった。失意の紅軍はその場を後にした。

小宇は同級生の遊びの話に乗らず300元貯めるという。大切に集めた貴重な切手を売るなどして、なんとか金をかき集めた小宇だったが、チンピラにからまれ奪われてしまった。すぐに友人を集め、仕返しに向かう小宇たち。ケンカが始まったが、警察が来て全員捕まってしまった。紅軍は小宇のもらい下げに警察に行った。学校で300元の出所を先生に聞かれる小宇。何のお金なのか、何に使うつもりだったのかと厳しく詰問され、しばらく躊躇していた小宇は、先生の亡くなった家族に義捐金として贈るつもりだったと答えた。先生は返す言葉がなかった。

小宋に未練たっぷりの紅軍は、昼間から酒浸りの劉三へ談判に行った。しかし、劉三は包丁を持ち出して暴れる。紅軍は小宋を呼び出して話し合うが、彼女は離婚の約束を切り出したら殺されてしまうと怯えていた。

酒を飲み小宋をベッドに誘う劉三。それを拒否する小宋。余りに粗暴な劉三が居座る自分の家から飛び出した小宋は紅軍のもとへたどり着いた。紅軍は小宋のただならぬ様子を察した。彼女は身の上話を始めた。そこへ酔った劉三が棍棒を持って飛び込んできた。棍棒で殴りかかり大声で叫ぶ劉三の狼藉を近所の人たちが止めてくれたので彼は捨て台詞を残して去っていった。しかし、劉三は仕返しのため紅軍の管理する駐車場に忍び込み、隙を狙って高級車のフロントガラスを粉々にした。紅軍はそれを見つけたものの劉三は逃げ足が速かった。車の管理責任を上司から問われた紅軍は弁償を迫られることになった。生活するのがやっとな紅軍にそんな金を工面するあてはなかった。

不幸は続くもの。紅軍は小宇の誕生日のためになけなしの50元をはたいてバースデーケーキを買って帰る途中、暴走自転車に当て逃げされケーキが台無しになってしまった。しばらく茫然としていた紅軍だったが、彼は何か思いついたように最寄りの公衆電話から救急に電話を入れた…。


監督の安戦軍は1958年生まれの中堅監督。2005年の中国映画100年記念作品《定軍山》でも有名である。最近作では2009年の《万家灯火》、2010年の《驚沙》などがある。
紅軍を演じる范偉は1962年、遼寧省生まれ。趙本山と共に相声(中国漫才)の人気者だ。本作で2004年モントリオール国際映画祭最優秀主演男優賞を受賞している。最近では主人公を演じた《不成問題的問題》(2016年、原作:老舎)が公開され好評を博した(東京国際映画祭で上映されたときの邦題は『ミスター・ノープロブレム』)。
小宋役の陳小藝は1970年、四川省生まれ。非常に多くのテレビドラマやCMに出演しており、美人中堅女優として中国ではおなじみの存在である。
《胡同愛歌》
《胡同愛歌》
《胡同愛歌》
《胡同愛歌》
《胡同愛歌》
《胡同愛歌》



《2018年2月以降の上映予定》

2月17日( 午後6:55~ 胡同愛歌》(2003年,原題:看車人的七月,監督:安戦軍,主演:范偉、陳小藝、趙君、張煒迅、呂中)
3月4日( 高画質デジタル映画上映会(BD上映)
午前10:30~ 王朝の陰謀~判事ディーと人体発火怪奇事件》(2010年,原題:狄仁杰之通天帝国,監督:徐克)
午後1:00~ ライズ・オブ・シードラゴン~謎の鉄の爪》(2013年,原題:狄仁杰之神都龍王,監督:徐克)
午後3:30~ 王朝の陰謀~判事ディーと人体発火怪奇事件》(2010年,原題:狄仁杰之通天帝国,主演:劉德華、劉嘉玲)
午後6:00~ ライズ・オブ・シードラゴン~謎の鉄の爪》(2013年,原題:狄仁杰之神都龍王,主演:陳坤、趙又廷、楊穎)
5月12日( 午後6:55~ 上映作品未定(1作品上映)
7月21日( 午後6:55~ 上映作品未定(1作品上映)
8月4日( 午後6:55~ 上映作品未定(1作品上映)

上映会場は3月を除いてシビックホール(小ホール)(地下鉄後楽園駅直結)です。
3月の上映会場はシビックホール近くにある文京区民センター(地下鉄後楽園駅1分、春日駅直結)です。
2018年4月、6月は“文京区民センター”(文京シビックセンターから交差点を挟んで斜め向かい)で『高画質デジタル映画上映会』または『DVD上映会』を開催する方向で調整中です。ただし、会場確保抽選の結果によっては開催できずに中止となる可能性は否定できません。日程と上映作品の発表は2018年4月度が2月中旬、6月度が4月中旬となる見込みです。
地震・台風などの大災害や大事件・大事故が発生した場合でも、主催者側や会場がそれに巻き込まれるなどのやむを得ない事情がある場合を除いて上映会は開催します。たとえ全ての公共交通機関が運行を停止していても会場が通常通り利用できる場合には予定通り開催しますのでご注意下さい。


現代中国映画上映会のホームページに戻る
上映会場のシビックホール(小ホール)
会員制度と入会方法
定期上映会(毎月1回)について
特別上映会(不定期開催:過去の実績では年3回程度)について
会場費割引券
よくある質問・疑問(FAQ)
日中共同声明の全文(日本語)
日中平和友好条約の全文(日本語)
いろいろなサイトへのリンク集
無料貸し出しDVD
過去にDVD類が発売されたことが確認されている作品一覧(327kB)

通信頒布で取扱中の日本映画DVD(中国国内版)

頒布DVD・VCDの一覧

中国電影百年経典珍蔵DVD

中国経典電影宝蔵DVD



ご質問やご提案などは gentyuei@gentyuei.com まで

Copyright (C) 1997-2017 現代中国映画上映会

〒113-0033 東京都文京区本郷1-5-17 三洋ビル63
電話:03-5689-3763 (案内兼用留守電)
FAX:03-5689-3763(自動切換)
(携帯電話:090-8315-1203)
(中国語対応:090-9156-8669)